摂食・嚥下 勉強会

昨日摂食・嚥下障害の勉強会に参加しました。

今回は川崎医科大学リハビリテーション科の先生を講師としてお招きしご講演いただきました。

摂食・嚥下というとあまりなじみの少ない言葉かもしれませんが、超高齢化社会を迎える現代において、見過ごせないテーマです。

誤嚥による肺炎や窒息の防止、それから栄養摂取、QOL向上などが治療目標になります。

リハビリテーションによる機能回復も必要ですが、口腔ケアの重要性も強調されてました。