歯ぎしり・食いしばりの方へのボツリヌストキシン治療

歯ぎしり・食いしばりでお悩みの方へ

~ボツリヌストキシン治療はご存知ですか?~

歯ぎしりの知識

歯をギリギリと擦り合わせたり、歯を噛み締める動作を「歯ぎしり」といい、別名ブラキシズム(口腔内悪習慣)と呼ばれています。歯ぎしりはほとんどの人に見られる癖でもあり、自分ではなかなか気づきにくいものです。問題のある歯ぎしりを放置するとさまざまな障害に発展する可能性もあります。ブラキシズムのタイプには主に下記の3タイプがあります。

グラインディング

上下の歯を擦り合わせ、ギリギリと音を鳴らします

クレンチング

上下の歯を強くかみしめます

タッピング

上下の歯をカチカチと打ち鳴らします

歯ぎしりは気づかないことが危険です!

就寝時は脳と感覚器の伝達経路が遮断されるため、他人に指摘されて初めて歯ぎしりを自覚される人が多いです。また、歯ぎしりの中には、噛みしめるだけで音を鳴らさない食いしばりのようなものも多いです。一晩の歯ぎしりは一生分のそしゃくに匹敵するくらい歯や顎にダメージを与えることもあると言われています。

歯ぎしりによって引き起こされる症状

・歯の擦り減り ・歯の痛み ・知覚過敏 ・顎の痛み ・顎関節症 ・歯や歯根が割れる ・歯のかぶせ物が割れる ・歯ぐきが下がる ・肩こり ・頭痛 ・骨隆起 ・エラ張り など

歯ぎしりの原因は現代人の悩みごと

歯ぎしりの主な原因はストレスと言われています。過剰なストレスを受けている方ほど歯ぎしりになる傾向が強いといわれています。ストレス社会である現代で、ストレスを上手に発散することができず溜め込んでしまうと、就寝中にストレスの影響から歯ぎしりや食いしばりを引き起こしてしまいます。

ストレス以外でも歯ぎしりの原因はあります。歯のかみ合わせが良くない、糖質中心の食生活による血糖値の変動、過度な飲酒をする、ヘビースモーカー、逆流性食道炎などがあげられます。中でも歯のかみ合わせが良くない方は歯ぎしりになることが多いです。虫歯の治療中やつめ物が合っていない場合、歯を抜いた後や顎のバランスが悪いのも歯ぎしりの原因になります。

歯ぎしりでいろいろな悪影響が!

歯ぎしりは日常生活含め、さまざまな悪影響を起こします。

歯ぎしりの方によくみられる悩みの一つとして、気軽に旅行やお泊りができないことです。歯ぎしりを友人や恋人から指摘されたのをきっかけに気軽に旅行やお泊りができなくなった方も多いのではないのでしょうか。また、歯ぎしりによって自分の歯が割れたり削れたりすることもあります。上下に擦り合わせたり、カチカチと噛む行為を就寝中に自然とやっているので、どうしても歯に負担がかかります。知覚過敏やインプラントの失敗要因、肩こり・頭痛を引き起こす可能性もあります。

その他にも、歯が揺さぶられることで歯を支えている骨が溶かされ歯周病の原因になります。また歯と歯が擦れ合い、歯にヒビが入ることで虫歯になることもあります。

歯ぎしりは咬筋(顎の筋肉)を常に動かしているため、顎まわりの筋肉の発達によって、顔が大きく見えたり、エラが張ってしまいます。

歯ぎしりはどうやって予防(治療)するの?

歯ぎしりの予防法として主に選択されているのはマウスピースを使用した予防法ではないでしょうか。自分の歯型に会ったマウスピースを就寝中に装着することで歯ぎしりを予防するという方法です。しかし、マウスピースの装着では根本的な解決にはいたりません。マウスピースを装着していても歯ぎしりが止まるわけではないのです。マウスピース以外にも矯正や噛み合わせの悪い場所の歯を削るという治療法もありますが、専門家の診断のもとで治療すべきです。

当院では血糖値の測定・栄養指導、かみ合わせ専門治療の他、患者様への負担の少ないボツリヌストキシン治療を導入しています。この治療は、発達した咬筋(顎の筋肉)に少量のお薬を注入することで、一定期間、歯ぎしりや食いしばりを緩和する事ができます。

また、過度な咬筋の動きが抑えられるため、エラ張りの改善や小顔効果も期待できます。

ボツリヌストキシン治療Q&A

Q.1 ボツリヌストキシンとは何ですか?

A. ボツリヌス菌の作り出すA型ボツリヌス毒素(天然のタンパク質)を有効成分とするお薬です。ボツリヌス菌を直接注射するわけではありませんので、ボツリヌス菌に感染するといった可能性はありませんのでご安心ください。

Q.2 どういった治療ですか?

A. お薬を少量、緊張(発達)している筋肉(咬筋)に注射します。注射した筋肉の緊張が緩和され、歯ぎしり・食いしばりを一定期間軽減させます。

Q.3 副作用はありますか?

A. 注射による投与ですので、他の注射治療と同様、注射部位の腫れ・内出血・疼痛などが出る場合があります。しかし、殆どが一時的なものですので、時間の経過とともに自然に消えていきます。

Q.4 効果はどのくらい続きますか?

A. 個人差もありますが、約3~6ヶ月間の効果が継続します。注射後、2~3日後から効果が現れ始め、1~4週間後に最大の効果が現れます。その後は徐々に元の状態に戻っていきます。

Q.5 治療を受けられない人はいますか?

A. 妊婦または妊娠している可能性がある方、授乳中の方は治療を受けられません。その他、お薬を服用されている方は歯科医師へご相談下さい。

Q.6 どのような薬剤を使っていますか?

A. 当院では韓国Medytox社製「イノトックス」を採用しています。このお薬はヒト由来成分・動物由来原料が含まれていません。また、液体型(世界初)なので、お薬の濃度の誤差もなく、均一な量の注入が可能なため、効果も的確に現れるのが特徴です。

ボツリヌストキシン治療

注入部位:咬筋へ注入します

施術時間:15分程度

ダウンタイム:特にありません。すぐに日常生活に戻って頂けます。

持続時間:3~6ヶ月

副作用:数日の間、重たい感覚が残ることがあります。注射部位に痛みが生じることがあります。

※当院では美容目的での治療は行っていません

詳しくは、スタッフまでお気軽にご相談ください。

平松歯科医院までお気軽にご相談ください。

お電話