毎週1回ミーティング・院内研修を行っております。

こんにちは、院長の平松です。

 

平松歯科医院では毎週1回ミーティングを行い、院内研修を行っております。

直近では『患者さんを診療室に迎え入れる時』についてシュミレーションを行いました。

患者さんにとって診療室に入るときが一番緊張するようです。

その緊張をできるだけ緩和できるようにスタッフと話し合い、実際に動いてみました。

 
それから、今日行う治療がどういうもので、現在どの段階なのか、
わかりやすく伝わるようにパネルを作りました。
歯の根の治療など治療回数がかかる処置の場合でも
あと何回かかるのかなど伝わりやすくなったのではないかと思います。


今後もニーズに合わせて院内研修を行い、わかりやすく、通いやすい診療を心掛けて参ります。

 
 

6月は梅雨の季節ですね。雨でじめじめしたこの時期は気分が沈みがちですが、

紫陽花が綺麗に咲いているのを見ると少し明るい気持ちになります。

 

さて、梅雨の時期にはカタツムリを目にする事も多いですね。

カタツムリの口の中には歯の生えた舌があります。

この歯の生えた舌は「歯舌(しぜつ)」と呼ばれ、表面を拡大して見ると

ごく小さな歯が1万個以上びっしりと並んだ、おろし金のようなつくりをしています。

カタツムリはこの歯舌で葉っぱなどを削りとって食べています。

 

使うことで歯舌がすり減ってくると、新しい歯舌が作られて何度も生え変わるそうです。

 

一方、人間の歯は一度だけ、乳歯から永久歯に変わる時にしか生え変わりません。

むし歯や歯周病で、大切な歯を失ってしまわないよう、毎日のケアが大切です。

 

6月4日~6月10日は歯と口の健康週間です。

定期検診とメンテナンスを欠かさずに、お口の健康を守っていきましょう。