歯石は細菌のすみかです!

こんにちは。院長の平松です。
今年は全国で寒さが猛威を振るっていますね。
来院された皆さまがホっとできるように
当医院は部屋もスタッフも暖かくお迎えいたします。

 

 

さて、ブログでは少し怖いタイトルをつけました。
「歯石は細菌のすみか」。
想像するとちょっと怖いですね。

 

 

このブログを読んでくださっている皆さまに
3か月に1度は、
歯のメインテナンスをオススメ
したく、
今回は歯石のお話をさせていただきます。

 

 

 

◆ただの汚れじゃない! 

歯石というのは、歯みがきで除去しきれなかった
歯垢(プラーク)と
だ液に含まれるミネラル(カルシウムなど)が
結合して固くなり、
歯ブラシではとれなくなった塊
のことです。

 

 

特に、だ液のミネラル成分が
歯石の生成に影響するため、
だ液の出口付近である

・上の奥歯の外側

・下の前歯の裏側

は、歯石ができやすい場所になっています。

 

 

 

 

◆歯垢(プラーク)ってなに? 

まず歯垢ですが、
爪で歯の表面をひっかくと、
ちょっとねばねばした白い塊が削り取れませんか?

 

それが歯垢です。

 

実は歯垢はただの食べかすではなく、
細菌の塊
です。

 

歯垢1mg当たりに
約1億個もの細菌が存在しているといわれています。

 

 

歯垢は歯みがきで除去することができるのですが
普段の歯みがきだけでは約6割しか除去できないため
残り4割ほどがお口の中に残ったままとなります。

 

 

 

 

◆歯石の正体

この4割が除去できないままでいると
約2週間ほどで、硬い歯石となります。

 

 

そして、歯石になってしまうと、
歯みがきでは落とせなくなってしまいます。

 

歯石の表面はスポンジ状の穴がたくさんあり
その穴に細菌が住みついています。

 

 

 

いわば歯石は
細菌のマンション。巣窟です。

 

そのため、歯石をそのままにしていると
歯周病やむし歯になるリスクが格段に高くなるのです。

 

 

 

 

◆歯石を除去・予防しよう! 

歯石は残念ながら家庭で除去することは不可能です。

 

どんなに毎日ケアをしても、
数ヶ月で必ず歯石が増えてきます。

 

そのため、
歯科での定期的なクリーニングで
歯石を取り除く必要があります!!

 

 

そして、できるだけ歯石ができるのを防ぐために
毎日のケアも非常に重要です。

 

先程も申し上げたように、
歯みがきだけでは歯垢は60%程度しか除去できません!

 

そこで大切なのが、
デンタルフロスや歯間ブラシを併用すること!

 

 

サイズや使い方にコツがありますので、
ご不安な方はぜひお気兼ねなくご相談ください。

 

 

 

 

◆セルフケアと定期的な来院で歯を守りましょう! 

歯石は細菌の塊である「歯垢のすみか」になっており
歯周病やむし歯のリスクが高まること。
そして家庭での除去がほぼ不可能なこと。

歯石は厄介ですね。

 

ぜひ皆さまには

 

1.歯石をできにくくするための毎日のケア

2.定期的な歯科での歯石除去

 

を心がけてほしいと思います!!

 

 

お口についてお悩みなどあれば、
いつでもお気兼ねなくご相談ください。

 

 

それでは。

 

 

 

平松歯科医院
〒700-0971 岡山県岡山市北区野田3丁目1−13 共商ビル 1F
TEL:086-250-4618
URL:https://hiramatsu-dental.net/

平松歯科医院までお気軽にご相談ください。

お電話