2016年 3月 の投稿一覧

白い歯と爽やかな息

こんにちは、院長の平松です。

日ごとに日差しが暖かく感じられるようになり、花だよりが各地から届く季節になりました。

ピカピカのランドセルを嬉しそうに背負っている一年生を見かけると、微笑ましくなりますね。

4月から新しい環境に移る方も多いと思います。

 

当院でも今春、2名の新人が入りました。

2人とも歯科医院での経験はありませんが、前職の経験を活かしとても頑張ってくれています。
 

歯科医院での仕事は見た目に比べとてもハードです。

覚えることも多いし、頭も使います。

初めは、やる気が空回りしてミスをすることもあるかもしれませんが、
どうぞ暖かく見守ってやってください。

よろしくお願いいたします。

 

さて、初対面で人の印象を決めるのに大切なことと言えば、やはり清潔感。

普段あまり気にされていない方もいらっしゃるかと思いますが、

きれいな白い歯や爽やかな息は、印象を良くするために、とても大事なポイントです。

 

一般的にコーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶は、

歯にステイン(色素)がつきやすい飲み物と言われています。

着色を防止するためには、長時間これらの飲み物を口の中に滞留させないことが重要。

飲んだ後には歯磨きやうがいをしたり、ガムを噛んだりすることで、ステイン汚れを防ぎましょう。

 

また、口臭の原因は、大人の80%はかかっているという歯周病や虫歯、

舌の上についた舌苔(ぜったい)によるものが考えられます。

歯と歯の間の食べ残しは、歯周病や虫歯へつながり、口臭を発するので

デンタルフロスを使う習慣をつけると、防止につながります。

舌は、歯ブラシで磨くと傷をつけてしまう恐れがあるので、舌用のブラシを使って磨くことをお薦めします。

 

詳しいケアの方法については、是非当院へお越しの際にご相談ください。

キレイな口腔環境で爽やかな季節を迎えましょう。

 

初めまして♪Y

こんにちは!

3月から入社いたしましたYです(^^)/

受付業務を担当させていただいております!

まだまだ未熟物ですが、日々努力していきたいと思います☆!

皆さま宜しくお願い致します♪♪

岡山で一人暮らしの私なんですが、

昔はなかなか歯医者に行くことがありませんでした。。。

そんな時!

ん??歯が痛い(>_<)!!!!

なんと、虫歯になっていました。。。

その後は、きちんと治療をしてもらい痛みも無くなりました。

治療をしていただいてる時に

小さい頃「歯は一生もの!」とよく母親に言われたことを思い出しました!!

それからは、検診に行って予防対策をしています!

皆さまも一緒に今より健康な歯をつくっていきましょう(*^^*)

なるべくご希望に添えるように予約時間も相談させていただきますので

お気軽にお電話などお待ちしております☆★

Yが受付でお待ちしています♪♪

是非 検診を☆0

 

ここのところ暖かい日が多くなり、日も長くなってきましたね。

 

 

 

ずいぶんと過ごしやすくなりました。

 

 

 

 

 一方で 「学級閉鎖」 という言葉を最近よく耳にしますが、

 

 

 

特に学校に通うお子さんたちの間でインフルエンザが蔓延しているようですね。。。(>_<)。

 

 

 

皆さんは大丈夫でしょうか(>_<)

 

 

 

外出後の手洗い、うがいはしっかりしましょう。

 

 

 

 

そして体の免疫力をあげるためにも、日頃からお口の中を綺麗に保つように努めましょう(^^♪

 

 

 

 

定期健診はお口だけでなく、健康な体づくりのためにも欠かせないものです。

 

 

 

 

歯医者がご無沙汰という方も、是非検診にお越しください☆

 

 

 

 

徹底的なクリーニングで、ホームケアでは味わえない爽快感を味わいませんか(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日より駐車場が利用できます!

ビル改装工事により、臨時駐車場を利用していただいておりましたが、本日より医院前の駐車場の利用を再開します。

長い間、ご不便をおかけいたしました。

院長

歯のケアを忘れずに!

 
こんにちは、院長の平松です。
 
じっと春を待ち続けていたお花の蕾も、新年度から始まる新しい環境への期待も膨らむこの季節。
3月のイベントと言えば、ひな祭りですね。
可愛らしいお人形を飾って眺めて、とても楽しいですよね。
 
ひな祭りは、平安時代の無病息災を願うお祓いの行事がルーツになっているそうです。
さて、現代では歯の悩みがあれば歯医者さんへ行こうと考えますが、
昔の人々は歯のケアをどのようにしていたのでしょうか。
 
紀元前4,000年のミイラには歯槽膿漏にかかった形跡がある、という記録から
古くから歯の悩みはあったようですね。
平安時代では、位の高い方だけ抜歯などの歯科治療を受けることができました。
まだ現代のように抜かずに治療する技術はなく、抜歯が一般的だった時代です。
当時歯のケアといえば、うがいや、楊枝。
楊枝は、歯ブラシが今私達が使っているような形になる明治時代まで、歯垢を落とすものとして進化し
民衆に大変重宝されたと言われています。
 
歯が痛くなったとき、江戸時代では内科医や外科医の他にも、
医師免許のない入歯師や歯技師といった人々も治療にあたることがありました。
現代のように歯科医師の地位が確立されたのは、明治から昭和にかけてのことです。
 
歯の悩みやクリーニングなど、今は気軽に専門の先生に相談できる時代になりました。
磨き残しのチェックや痛みがなくても気になることがありましたら、いつでもご相談ください。
お待ちしています。
 
 
今月中にはビルの改装工事も終了し、医院前の駐車場が使えるようになります。
予定より工事が長引いてしまい、期間中来院された方々には大変不自由やご迷惑をおかけいたしました。
駐車場は以前に比べ綺麗になりますし、端に立っていました電柱も無くなり駐車しやすくなりますので
工事完了まで今しばらくお待ちください。
 
また、今月よりスタッフ(受付)を増員します。
受付に人がいなかったり、混んでいる時間に対応できなかったりと、
ここでもいろいろご迷惑をかけておりましたが、
今後はできるだけ多くの患者さんに対応していけるようになると思いますのでよろしくお願いします。